【参加者募集】「四国ESDフォーラム2022」開催(3/6)のご案内

ESD(Education for Sustainable Development : 持続可能な開発のための教育)は、SDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)達成において重要な役割を果たします。
四国地域におけるESD実践事例の紹介、意見交換などを通して、これからの四国のESDや持続可能な地域づくりについて一緒に考えます。オンライン参加もできますので、ぜひこの機会にご参加ください。

<参加者募集>環境省主催 ローカルSDGs人材育成地方セミナー「食から持続可能な地域づくりを考える」~昆虫食からサーキュラーフードへの挑戦~(2/6)

皆さんは「サーキュラーフード」という言葉を知っていますか?今、徳島では循環型の食品としてコオロギが注目されています。地産地消、フェアトレード、食品ロスなどのキーワードを含む、「食」のイノベーションから、持続可能な地域づくりを考えます。

【参加高校募集】「四国ESDフォーラム 2022 」にESD/SDGsの取り組みを展示しませんか(~1/20)

四国におけるESD活動実践者等が交流し、学びあうことを目的として「四国ESD フォーラム 2022 」(日本ESD学会 第3回 四国地方研究会)を開催致します。
当フォーラムにおいて展示する四国の高校生のESD SDGs に関連した取り組みを募集します。

LS四国ニュースレター(創刊号)を発行しました!

2021年2月にLS四国が立ち上がってから8か月が経ち、動きが少しずつ活発になってきています。
現在の会員情報や、分科会の活動状況等を、ニュースレターとしてまとめましたので、ご案内します。
LS四国や分科会にご興味がある方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

新共同代表あいさつ

 四国は、日本列島を構成する主な4つの島の中で最も小さい島です。しかし、西は九州、北は中国、東は関西の各地方と南は太平洋に囲まれ、四国四県のレベルでみても、歴史、文化、風土など、それぞれに特有で多様性に満ちています。
 LS四国は、環境省の「地域循環共生圏」構想を基盤として、この多様性を背景に、四国を益々元気で豊かで持続可能な地域にするために、会員・関係者のみなさまと共に、活動を続けています。

多文化共生型の減災社会づくり実践研修(2021~2022年度)

< JICANGO等活動支援事業NGO等提案型プログラム >
「多文化共生型の減災社会づくり」について、全10回(2021~2022年度)の実践研修を行います。この研修では世界や地域で防災や災害支援に携わってきた講師を招き、国内外の減災や多文化共生の方法を学びます。
また、四国各県においてそれぞれ想定される災害や、地域の在住外国人の状況(在留種別や人口比)などに合わせ、ふさわしい防災・減災教育を一緒につくり、在留外国人向けワークショップも実施します。

環境省が、第5回健康と環境に関する疫学調査検討会の開催(1/20)についてお知らせ

環境省では、子どもの健康に影響を与える化学物質等の環境要因を明らかにすることを目的として、平成22年度から約10万組の親子に御協力いただいて「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を行っています。
今般、小児期以降のエコチル調査の今後の展開について検討することを目的に、「健康と環境に関する疫学調査検討会-エコチル調査の今後の展開について-」を開催します。
なお、本検討会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等の観点から、WEB会議システムを併用して開催し、併せてライブ配信を行います。

環境省が、プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令等の閣議決定及び意見募集の結果についてお知らせ

第204回通常国会において成立したプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(令和3年法律第60号)に関し、プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令及びプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律の施行期日を定める政令が本日1月14日(金)に閣議決定されましたので、お知らせいたします。本法律及び本政令は令和4年4月1日(金)から施行します。本日の閣議決定に併せ、特設サイトを開設しています。

消費者庁が、「消費者志向経営セミナーin四国~自主宣言事業者から学ぶサステナブルな経営~」の開催(1/27)についてお知らせ

消費者庁では、事業者が消費者を重視した事業活動、すなわち「消費者志向経営」の推進に取り組んでおり、その普及活動の一環として、消費者志向自主宣言・フォローアップ活動への参加を呼び掛けています。
今般、消費者志向経営の理念の説明や、自主宣言事業者による取組の紹介を通じて、四国の事業者を中心に消費者志向経営の更なる機運の醸成、推進を図ることを目的に、「消費者志向経営セミナーin四国~自主宣言事業者から学ぶサステナブルな経営~」を開催します。

環境省が、令和3年度分散型エネルギープラットフォームの開催についてお知らせ

需給一体型の再生可能エネルギー活用モデルを始めとした分散型エネルギーシステムを促進するため、関係するプレイヤー間の共創の場として、昨年度に引き続き、「令和3年度分散型エネルギープラットフォーム」を開催します。

環境省が、子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)「第11回エコチル調査シンポジウム」のオンライン開催(2/20)についてお知らせ

環境省及び国立研究開発法人国立環境研究所(以下「国立環境研究所」という。)は、子どもの健康に影響を与える化学物質等の環境要因を明らかにし、次世代の子どもたちが健やかに育つことのできる環境の実現を図ることを目的として、平成23年1月から「子どもの健康と環境に関する全国調査」(以下「エコチル調査」という。)を行っており、令和4年1月で12年目を迎えました。
今般、エコチル調査で得られた成果やその活用方法を、国民の皆さまに分かりやすくお伝えすることを目的に、第11回エコチル調査シンポジウムを令和4年2月20日(日)にオンライン形式(ライブ配信)で開催します。

環境省が、令和3年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウムの開催(3/11)及び講演者の公募についてお知らせ

海洋プラスチックごみに関する科学的知見の現状を、国内の学術界を中心に広く発信し共有することで、我が国における海洋プラスチックごみに関する研究の裾野を広げるとともに、更なる研究の推進を図ることを目的として、シンポジウムを開催いたします。
あわせて、シンポジウムの講演者を広く募集いたします。

環境省が、令和3年度災害廃棄物対策推進シンポジウムの開催(1/26)についてお知らせ

環境省では、令和4年1月26日(水)に「令和3年度災害廃棄物対策推進シンポジウム」をオンライン方式で開催いたします。
今年度は「気候危機時代の災害廃棄物対策 ~多様なリスクの想定と柔軟な現場対応~」をテーマに気候変動と将来の災害リスクに関する基調講演、豪雨災害や土砂災害発生時の災害廃棄物対策についての講演を予定しています。

環境省が、令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業の一次公募についてお知らせ(~2/10)

環境省では、使用済製品等のリサイクルの促進や、従来の化石資源由来プラスチックから再生可能資源由来素材への代替及びこれらのプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制を図る資源循環高度化設備を導入する「脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業」を実施しています。今年度の当該事業に係る補助事業者(執行団体)に採択した公益財団法人廃棄物・3R研究財団において、公募を行うこととなりましたのでお知らせします。

環境省が、地球温暖化対策の推進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案(仮称)に対する意見募集(パブリックコメント)についてお知らせ(~2/11)

「地球温暖化対策の推進に関する法律施行規則の一部を改正する省令案(仮称)」について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、令和4 年1月12日(水)から同年2月11日(金)までの間、電子政府の総合窓口(e-Gov)及び郵送により、意見を募集(パブリックコメント)いたします。