【参加者募集!】ESD・SDGsツアー×気候変動教育(四国ESDバーチャル大学)

近年、「マイクロツーリズム」や「持続可能な観光」という言葉に表されるように、観光・ツアーのあり方が変わってきています。四国にはさまざまな地域の魅力があり、今回はESDやSDGsの学びをセットにしたツアー開発の検討から、持続可能な四国について一緒に考えます。
【第1回】2022年10月21日(金) 16:00~17:30
【第2回】2022年11月25日(金) 16:00~17:30
【開催方法】Zoomによるオンライン開催(参加費無料)

環境省が、「地域循環共生圏フォーラム2022」(10/25)の開催についてお知らせ

2022年10月25日(火)に「地域循環共生圏フォーラム2022」を開催します!
「地域循環共生圏づくり」において地域や企業の皆様にとって、これからの取組へのヒントとなるような地域循環共生圏の最新の取組を様々な視点からご紹介します。
今年も興味深いコンテンツをたくさんご用意しましたのでぜひ奮ってご参加ください!

LS四国ニュースレター(第2号)を発行しました!

2021年2月にLS四国が立ち上がってから1年が経ち、様々な活動が活発化してきました。
2021年度下半期のトピックスや、分科会の活動状況等を、ニュースレターとしてまとめましたので、ご案内します。
LS四国や分科会にご興味がある方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

ローカルSDGs四国 取組紹介動画公開についてお知らせ

魅力ある持続可能な四国を目指す「 ローカル SDGs 四国 」。 令和3 年2月17日に立ち上げてから1年が経ちました。この1年間で新たな仲間が増え、新たなつながりも生まれてきました。この動画にはLS四国や各分科会の活動が紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

環境省が、気候変動リスク情報の活用促進に向けた公開シンポジウム ~気候変動の物理的リスク分析の展望~ 開催(10/11)についてお知らせ

環境省は、文部科学省、国土交通省、金融庁及び国立研究開発法人国立環境研究所と連携して、気候変動リスク情報の活用の促進に向けた課題や今後の方向性について、広く知っていただくことを目的に、「気候変動リスク情報の活用促進に向けた公開シンポジウム」を令和4年10月11日(火)にオンライン会議方式にて開催します。 

 四国経済産業局が、10月は3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間です!についてお知らせ

経済産業省を含む3R(リデュース・リユース・リサイクル)関係8省庁では、3R推進に対する理解と協力を求めるため、毎年10月を「リデュース・リユース・リサイクル推進月間(略称 3R推進月間)」と定め、広く国民の皆様に向けて、普及啓発活動を実施しています。
四国経済産業局では3R推進に向けての合同庁舎屋外電光掲示やポスターにて広報活動を実施しているほか、四国管内自治体において3R推進イベントが開催される予定となっております。

中国四国農政局が、移動消費者の部屋in愛媛「持続可能な農業と消費について考えてみませんか~みどりの食料システム戦略~」(9/29~10/13)についてお知らせ

我が国の食料・農林水産業は、生産者の減少・高齢化、地域コミュニティの衰退、大規模自然災害・地球温暖化、新型コロナを契機としたサプライチェーンの混乱など、多くの課題に直面しています。
このような中、将来にわたり持続可能な食料システムを構築するため、農林水産省は、昨年、生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を策定しました。この戦略の実現には、生産者だけでなく、事業者、消費者の理解と協働が必要です。移動消費者の部屋では、この戦略についてパネル等により紹介します。

環境省が、令和4年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業)のうち、「水素を活用した自立・分散型エネルギーシステム構築事業」及び「水素利活用機器導入促進及び社会実装支援事業」の二次公募開始についてお知らせ(~10/28)

「脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業 」は、 再エネ由来水素を活用した自立・分散型エネルギーシステムの導入、再エネ由来水素サプライチェーンを構築する経費の一部を補助することにより、再生可能エネルギーの導入拡大を図り、もってエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制に資することを目的としています。

環境省が、2022年度 第1回ウォータープロジェクト「グッドプラクティス塾」の開催についてお知らせ(10/7)

環境省では、民間企業等が「水」に関する互いのグッドプラクティスを共有し、それぞれの取組をブラッシュアップする場として、平成31年4月「グッドプラクティス塾」を始動し、継続的に活動しています。
2022年度のグッドプラクティス塾は、「水辺の保全・活用における連携の新たな形」をテーマとし、健全な水環境・水循環の実現に向けて、企業、自治体、教育・研究機関等、あらゆるステークホルダーの参加と連携を促すための情報共有・意見交換の場として開催します。

環境省が、令和4年度災害廃棄物対策推進シンポジウムの開催(10/23)についてお知らせ

今年度は災害廃棄物処理の経験の伝承をテーマに「災害廃棄物の発生と処理に備える、伝える」と題した基調講演 や災害廃棄物対策に関する講演等を予定しています。
会場で御参加いただく対面方式とオンライン方式を組み合わせたハイブリッド型での開催を予定しております。