LS四国ニュースレター(第2号)を発行しました!

2021年2月にLS四国が立ち上がってから1年が経ち、様々な活動が活発化してきました。
2021年度下半期のトピックスや、分科会の活動状況等を、ニュースレターとしてまとめましたので、ご案内します。
LS四国や分科会にご興味がある方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

ローカルSDGs四国 取組紹介動画公開についてお知らせ

魅力ある持続可能な四国を目指す「 ローカル SDGs 四国 」。 令和3 年2月17日に立ち上げてから1年が経ちました。この1年間で新たな仲間が増え、新たなつながりも生まれてきました。この動画にはLS四国や各分科会の活動が紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

【受賞団体決定】第1回ローカルSDGs四国表彰

今年度より新設された「魅力ある持続可能な四国づくり 」につながる優れた取組を表彰し、広く紹介する「ローカルSDGs四国表彰」へたくさんのご応募をありがとうございました。この度、審査委員による選考の結果、「ローカルSDGs四国大賞」と「地域課題解決部門優秀賞」、「チャレンジ部門優秀賞」、「ユース部門優秀賞」、「審査委員特別賞」計5団体の受賞を決定いたしましたのでご報告いたします。

多文化共生型の減災社会づくり実践研修(2021~2022年度)

< JICANGO等活動支援事業NGO等提案型プログラム >
「多文化共生型の減災社会づくり」について、全10回(2021~2022年度)の実践研修を行います。この研修では世界や地域で防災や災害支援に携わってきた講師を招き、国内外の減災や多文化共生の方法を学びます。
また、四国各県においてそれぞれ想定される災害や、地域の在住外国人の状況(在留種別や人口比)などに合わせ、ふさわしい防災・減災教育を一緒につくり、在留外国人向けワークショップも実施します。

環境省が、令和4年度「環境の日」及び「環境月間」の取組についてお知らせ

環境基本法(平成5年施行)では、6月5日を「環境の日」と定めており、環境省では毎年、この日を含む6月を「環境月間」として、様々な取組を実施しています。今年度は、「環境の日」の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、各種メディアやSNSを通じた情報発信等の新たな取組を行う予定です。また、環境の保全に関する普及・啓発のため、関係府省庁、地方公共団体等に、各種行事の開催を呼びかけています。

環境省が、令和4年度プラスチックの資源循環に関する先進的モデル形成支援事業の公募についてお知らせ(~6/30)

プラスチック資源循環の促進等を図るための「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が令和4年4月1日(金)に施行されました。
これを踏まえ、市区町村によるプラスチック使用製品廃棄物の分別収集・リサイクル、地方公共団体が製造事業者等と連携して実施する使用済プラスチック使用製品の自主回収・リサイクルについて、今年度の当該事業にかかる請負事業者であるデロイトトーマツコンサルティング合同会社において「プラスチックの資源循環に関する先進的モデル形成支援事業」の公募を行うこととなりましたので、お知らせします。

環境省が、「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」×よい仕事おこしフェア実行委員会 連携発表会開催についてお知らせ(5/24)

環境省「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」では、森・里・川・海を保全・再生してつなげ、支えることを通じて地域循環共生圏の実現を図るべく、普及啓発活動を行っています。
今回、全国規模の信用金庫のネットワーク「よい仕事おこしフェア実行委員会」が開催する「よい仕事おこしフェア」等において、森里川海プロジェクトと連携することとし、協定を締結します。

環境省が、令和4年度 TCFD開示に係る地域金融機関向け研修プログラム参加金融機関募集についてお知らせ(~6/15)

環境省では、地域金融機関による気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures, TCFD)開示の質向上と、TCFD提言の理解深耕を目的とし、「令和4年度 TCFD開示に係る地域金融機関向け研修プログラム」に参加する金融機関の募集を開始しましたのでお知らせいたします。

環境省が、令和4年度ローカル・ブルー・オーシャン・ビジョン推進事業の実施自治体の募集についてお知らせ(~6/3)

国内における海洋ごみ対策の一層の推進を図ることを目的とし、自治体と企業等が連携した海洋ごみの回収・発生抑制対策等を実効性の高い、持続可能な取組とするため、モデル事業を実施する自治体を募集いたします。

環境省が、令和3年度「平時の脱炭素化と災害時の安心を実現するフェーズフリーの省CO2独立型施設支援事業」の2次公募開始についてお知らせ

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(平時の脱炭素化と災害時の安心を実現するフェーズフリーの省CO2独立型施設支援事業)について執行団体である公益財団法人北海道環境財団から2次公募が開始されますので、お知らせします。

環境省が、革新的な省CO2実現のための部材(GaN)や素材(CNF)の社会実装・普及展開加速化事業補助金の公募開始についてお知らせ(~6/13)

本事業は、革新的な省CO2を達成することが可能な部材や素材(窒化ガリウム(GaN)やセルロースナノファイバー(CNF))を活用し、実際の製品への導入を図る事業者が商用規模生産のための設備投資等を行う事業に要する経費の一部を補助することにより、省CO2性能の高い部材や素材の社会実装及び普及展開を加速化し、大幅なエネルギー消費の削減を実現することを目的としています。

環境省が、令和4年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、鉄道事業等におけるネットワーク型低炭素化促進事業の公募についてお知らせ(~6/15)

令和4年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)の執行団体である一般社団法人地域循環共生社会連携協会が当該補助金のうち、鉄道事業等におけるネットワーク型低炭素化促進事業の公募を実施しますのでお知らせいたします。

環境省が、令和4年度生物多様性保全推進交付金(エコツーリズム地域活性化支援事業)の公募(二次募集)についてお知らせ(~6/13)

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進するため、エコツーリズム推進全体構想やエコツアープログラムの作成、モニターツアー等の活動の経費の一部について、支援を行います。